×
NEWS / EXHIBITION - 2017.11.2

αM2017第5弾は石原友明。毛髪の像で見せる次元交換のプロセスとは

gallery αMで開催中の光田ゆりによる企画展シリーズ、αMプロジェクト2017「鏡と穴ー彫刻と写真の界面」。第五弾では、石原友明を取り上げる。会期は10月28日〜12月2日。

© Tomoaki Ishihara, 2017

 gallery αMで1年間にわたって開催されている企画展シリーズ「鏡と穴―彫刻と写真の界面」。DIC川村記念美術館学芸員・光田ゆりのキュレーションのもと、7名の作家が現代写真と彫刻のありかたを考える展示を行う。

 10月28日から始まった第5弾では、石原友明を取り上げる。1959年大阪生まれの石原は、キャンバスに直接自身の姿を焼き付けたインスタレーションで注目を集め、88年には「ヴェネチア・ビエンナーレ・アペルト’88」に出展。以降もセルフポートレートを軸としながら、皮革、プラスティック、ガラスなど多様な素材を駆使し、写真と絵画と彫刻、インスタレーションを混ぜ合わせた作品を制作している。

 これまでに自らの体や顔だけでなく、細胞や体液までも像にしてきた石原。今回の出品作では毛髪を取り上げ、デジタルとアナログの幾重にもわたる変換のプロセスを経て、毛髪が描く線を抽象絵画のような画面で見せる。

information

αMプロジェクト2017 鏡と穴-彫刻と写真の界面
vol.5 石原友明

会期:2017年10月28日〜12月2日
会場:gallery αM
住所:東京都千代田区東神田1-2-11アガタ竹澤ビルB1F
電話番号:03-5829-9109
開廊時間:11:00〜19:00
休廊日:日、月、祝

関連記事

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

美術手帖の最新情報を
お届けします