×
NEWS / EXHIBITION - 2017.10.29

環境、身体、そして「心」の相互干渉を探る。ミカ・タジマの新作個展「TOUCHLESS」開催

TARO NASUにてミカ・タジマによる個展「TOUCHLESS」が開催。会期は2017年11月11日〜12月16日。

TOUCHLESS 2017 ©Mika Tajima courtesy of TARO NASU

 ミカ・タジマは1975年ロサンゼルス生まれのアーティストで、現在はニューヨークで制作活動をしている。世界各地で個展、グループ展を行っており、近年では「六本木クロッシング2013:アウト・オブ・ダウト」(森美術館)に参加。人々の生活を取り囲むテクノロジーを通して、人間の作り出した環境や社会について考察している。

 今回の展示では、高度に産業化、情報化した社会において、「私たち」がどのように主体的にかたちづくられているのかという問題に焦点を当て、新作のインスタレーション・映像・彫刻を発表。人間を取り巻く環境、身体、それに反する「心」の働き、それらの相互干渉が生み出す、制御と服従、共振と反発、拘束と自由の関係を扱う。

information

TOUCHLESS

会期:2017年11月11日〜12月16日
会場:TARO NASU
住所:東京都千代田区東神田1-2-11
電話番号:03-5856-5713
開廊時間:10:00〜18:00
休廊日:日、月、祝

関連記事

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

美術手帖の最新情報を
お届けします