×
NEWS / EXHIBITION - 2017.10.15

資生堂が”新しい美”の創造に取り組む企画展。テーマは『感性』

資生堂ギャラリーで、アーティストと資生堂の研究員や社員がコラボレーションする展覧会『LINK OF LIFE 2017 まわれ右脳!展』が開催される。会期は10月26日〜11月10日。

宮永美帆、清水陽子、間中勇太 作品イメージ

 「LINK OF LIFE 2017 まわれ右脳!展」はクリエイティブディレクター藤原大のコーチングのもと2015年から行っている企画展の第3回目。

ポスター画像(AD、D:成田久、撮影:金澤正人、CW:村澤浩昭)

 「LINK OF LIFE」は資生堂の研究員や社員と外部のアーティスト・企業・団体が”リンク”し、新たな美の創造に取り組むプロジェクト。今年度は「右脳を刺激して感性を研ぎ澄ませ、遊びゴコロを満たして美しさを重ねる」=「asobi-neering(アソビニアリング)」という考えを提唱し、感性を刺激することによって人が本来持つ美しさを引き出すアート作品を発信する。

 資生堂のマーケッター尾関弘子、研究員の稲場香織、商品開発担当のタイエビ・パリマ、そしてアーティストの長谷川愛らによる作品では、映像や香りを用いることで「理想の日本人女性像」に閉じ込め眠らせていた「野生」を目覚めさせ、一時的に「サメ」になるという体験を提供。 

尾関弘子、長谷川愛、稲場香織、タイエビ・パリマ 作品イメージ
加藤康男、古屋遥 作品イメージ

 また、資生堂研究員・加藤康男と演出家/クリエイティブディレクター・古屋遙は「手当て」や「触れる」という言葉への関心から人体を伝送路として用いる未来通信技術とアートを融合した作品を展開する。

 資生堂研究員・宮永美帆、間中勇太らとアーティスト/研究者である清水陽子は、現代の女性の多様性を資生堂の食品や香料開発で使われるフレーバー・フレグランス技術を用いて表現する。

 なお、会期中には本展覧会のディレクター・デザインコーチを務める藤原大と出品作家によるギャラリートークも予定している。 

information

『LINK OF LIFE 2017 まわれ右脳!展』

会期:2017年10月26日〜11月10日
会場:資生堂ギャラリー
住所:東京都中央区銀座8-8-3 東京銀座資生堂ビル地下1階
電話番号:03-3572-3901
開廊時間:11:00〜19:00 (日祝〜18:00)
休廊日:月

event

展覧会ディレクター・デザインコーチ藤原大と出品作家によるギャラリートーク

日時:11月3日 14:00〜15:00
会場:資生堂ギャラリー
※参加無料、予約不要

関連記事

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

美術手帖の最新情報を
お届けします