×
NEWS / REPORT - 2017.10.6

葛飾北斎の画力に迫る。
貴重な肉筆画の名作が集結した
大規模回顧展が開催

数々の名作を残した江戸の浮世絵師・葛飾北斎の回顧展が、大阪・あべのハルカス美術館で開催される。会期は10月6日〜11月19日。

雪中虎図 1849 個人蔵

 大阪を一望できる高層商業ビル「あべのハルカス」。16階に位置する「あべのハルカス美術館」で、2017年夏に大英博物館で70年ぶりに開催された「北斎展」との共同プロジェクトとして「北斎 –富士を超えて-」展が開催されている。

 江戸、本所割下水に生まれた葛飾北斎(1760〜1849)は、隅田川周辺で転居を繰り返しながら、独特の構図と、斬新な発想、精緻な筆さばきで、江戸時代の人気浮世絵師となってゆく。

展示室の様子。左より《冨嶽三十六景 凱風快晴》、《冨嶽三十六景 神奈川沖浪裏》、《冨嶽三十六景 山下白雨》。すべて、1830〜33年頃 大英博物館蔵
© The Trustees of the British Museum. Acquired with the assistance of the Art Fund.
© The Trustees of the British Museum.

 本展の魅力のひとつは、世界中から集められた肉筆画の出品点数が約60点と、極めて多いことである(全体の出品点数は約200点)。何百、ときには何千枚も刷り重ねる浮世絵と異なり、肉筆画は、絵師が筆を残した1点もの。

 本展の監修者で大英博物館日本セクション長のティモシー・クラークは「これだけの肉筆画を集めることができたのは、非常に貴重な機会です。たとえば《雲龍図》《雨中の虎図》の2点は、対で描かれたものの散在し、現在はギメ美術館(パリ)と太田記念美術館にそれぞれ所蔵されている作品。双方を並べて観る機会もなかなかないでしょう」と、研究者としても珍しい機会だと語ってくれた。

作品解説をするティモシー・クラーク氏。左は《雨中の虎図》(1849)、太田記念美美術館(展示期間:10月6日〜13日)。右は《雲龍図》(1849)、ギメ美術館蔵
Photo @ Musée Guimet, Paris, Dist. RMN-Grand Palais / Thierry Olliver / distributed by AMF

 近年、北斎のもとで絵師として活躍していた北斎の娘・応為(おうい)にも、注目が集まっている。応為が北斎の作品に手を加える機会はどれくらいあったのだろうか。

 同じく本展の監修者であべのハルカス美術館館長の浅野秀剛からは「ライデン国立民族学博物館所蔵の洋風の作品は、北斎の多くの作品と比較すると、遠近法、ぼかし、少しエキセントリックな表現に、北斎のみの筆ではないのでは、と研究者の間で意見が分かれるところです」と、これからの研究の深化を期待する発言もみられた。

端午の節句 1824〜26年頃 ライデン国立民族学博物館蔵

 そんな北斎は、江戸時代にしては長寿、90歳で亡くなるまで描き続けたという。亡くなる直前の北斎は次のような言葉を残している。「天我をして十年の命を長ふせしめば・・・天我をして五年の命を保たしめば、真正の画工となるを得べし」。

 「天があと10年、あと5年命をくれたなら、真の絵師になれただろうに……」と、歳を重ねるにつれ、画力が「神の領域」に近づいているなか、まだまだ至らないことを悔やむ名言が残されている。

北斎90歳の作。《雪中虎図》1849年 個人蔵

 このように、晩年にもかかわらず精力的に描くことを極め続けた北斎。本展は、神の域を目指した60歳から90歳に至る、晩年の画業に焦点を当てたことが注目に値する。

 北斎は、世界中で知られている名作のほとんどが晩年に描かれていると言っても過言でないくらい、めまぐるしく飛躍していった。つまり、おおげさにいえば、晩年30年にしぼった本展では、代表作のほとんどを見ることができるのだ。

 浮世絵は、照明による劣化が懸念されため展示期間が限られる。本展はわずか1ヶ月強の会期ではあるが、まだ見ぬ宇宙までをも描こうとした世界の北斎の画力を間近に感じてほしい。

information

大英博物館 国際共同プロジェクト
北斎 –富士を超えて-

会期:2017年10月6日〜11月19日
会場:あべのハルカス美術館
住所:大阪市阿倍野区阿倍野筋1-1-43 あべのハルカス16階
電話番号:06-4399-9050
開館時間:10:00〜18:00(金土〜20:00) ※入館は閉館の30分前まで
休館日:10月10日、16日、23日、30日、31日
料金:一般 1500円 / 高・大学生 1000円 / 小・中学生 500円
 
『BT BOOKS 葛飾北斎』
北斎の名作、約50点を紹介した決定版。
本展監修者、浅野秀剛(あべのハルカス美術館館長)とティモシー・クラーク(大英博物館)の対談も収録。
http://www.bijutsu.press/books/2017/08/bt-books-hokusai.html

関連記事

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

美術手帖の最新情報を
お届けします