×
NEWS / EXHIBITION - 2017.10.8

「つくらない彫刻家」の軌跡を見る。
福岡道雄が大規模個展を開催

彫刻家福岡道雄の60余年にわたる制作活動を振り返る大規模個展が、国立国際美術館で開催される。会期は10月28日〜12月24日。

福岡道雄 Pink の残景又は黒の降下 1972 作家蔵 撮影=福永一夫

 福岡道雄は1936年大阪府堺市生まれ。終戦後に中国から帰国し、55年に大阪市美術研究所に入所。今村輝久や保田龍門に師事し、彫刻を学んだ。58年に初個展を開き、77年には第8回中原悌二郎賞優秀賞を受賞。制作活動を続けていた福岡だったが、《腐ったきんたま》(2005)を発表した後、「つくらない彫刻家」として生きることを宣言した。

福岡道雄 飛ばねばよかった 1965-66 作家蔵 撮影=椎木静寧

 「制作」と「生活」のあいだを行き来し、「生活」感情に根ざした作品を「制作」することでその接点を探った福岡。「制作」という概念そのものに疑問を感じ、「つくること」と「つくらないこと」に着目した活動も行ってきた。本展は“反”芸術を掲げた福岡道雄という芸術家の全貌に迫ることのできる展覧会になっている。

 また、会期中にはアーティスト・トークやギャラリー・トークの開催も予定されている。

information

福岡道雄 つくらない彫刻家

会期:2017年10月28日〜12月24日
会場:国立国際美術館 地下3階展示室
住所:大阪市北区中之島4-2-55
電話番号:06-6447-4680
開館時間:10:00~17:00 (金土〜20:00)※入場は閉館の30分前まで
休館日:月
料金:一般 900円 /大学生 500円 / 高校生以下・18歳未満無料

event

アーティスト・トーク「制作の継続、あるいは継続の制作」

日時:2017年11月4日 14:00〜
会場:国立国際美術館 地下1階講堂
聞き手:松井智惠(美術家)
参加費:無料
備考:先着130名、当日10:00より整理券配布
 
アーティスト・トーク「福岡道雄の“反”彫刻」
日時:2017年12月2日 14:00〜
会場:国立国際美術館 地下1階講堂
聞き手:島敦彦(金沢21世紀美術館 館長)
参加費:無料
備考:先着130名、当日10:00より整理券配布
 
ギャラリー・トーク
日時:2017年11月25日、12月16日 14:00〜
会場:国立国際美術館 地下3階展示室
講師:福元崇志(国立国際美術館 研究員)
参加費:無料(要観覧券)
備考:当日 13:30 から聴講用ワイヤレス受信機を貸し出し。(先着90名)
 
みどころ解説
日時:2017年11月11日、12月8日 18:00〜
会場:国立国際美術館 地下1階講堂
講師:福元崇志(国立国際美術館 研究員)
参加費:無料
備考:先着130名、当日10:00より整理券配布

関連記事

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

美術手帖の最新情報を
お届けします