×
NEWS / EXHIBITION - 2017.9.14

現代社会にあふれるイメージの解体と再構築。アラン・ビルテレーストが日本初個展開催

ロゴや広告などの要素を取り入れた作品を制作するベルギー出身のペインター、アラン・ビルテレーストが、ハギワラプロジェクツで日本初の個展を開催する。会期は10月7日〜11月19日。

アラン・ビルテレースト 参考画像

 アラン・ビルテレーストは1965年ベルギー生まれ。美術大学卒業後に作家活動を開始したが、後にグラフィックデザイナーへと移行。2004年から作家活動を再開し、デザイナーとしての経験をもとに、タイポグラフィー、ロゴ、公共広告などにおける文化的・歴史的背景や、その関係性への関心を糸口とした制作を行っている。

 ビルテレーストが作品に取り入れるのは、トラックの荷台の模様や、マンホールのカバー、フェンスのデザイン、飛行機の尾翼に描かれたロゴなど、都市や郊外で目にする様々なイメージ。それらを解体・再構築して生まれる作品は、一見すると幾何学的で形式的だが、木製パネルに描かれた画面は、筆致や色の重なりによって豊かな表情をたたえている。日本初個展となる本展では、ペインティング約20点を展示する。

information

アラン・ビルテレースト「HOW AND ABOUT WHAT」展

会期:2017年10月7日〜11月19日
会場:ハギワラプロジェクツ
住所:東京都新宿区西新宿 3-18-2-101
電話番号:03-6300-5881
開廊時間:火〜土 11:00〜19:00、日 12:00〜17:00
休廊日:月、祝

関連記事

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

美術手帖の最新情報を
お届けします