×
NEWS / EXHIBITION - 2017.9.6

日米の歴史に翻弄された彫刻家、
シンキチ・タジリが表現する戦争と平和

1940年代からヨーロッパで活躍した日系アメリカ人彫刻家、シンキチ・タジリの日本で約50年ぶりとなる個展がBlum & Poe 東京で開催される。会期は9月8日〜10月21日。

シンキチ・タジリ Ronin 1995 ブロンズ 65×26× 43cm Photo by Egon Notermans. Courtesy of the Estate and Blum & Poe, Los Angeles/New York/Tokyo © 2017 Shinkichi Tajiri Estate / Artists Rights Society (ARS), New York / c/o Pictoright Amsterdam

 ロザンゼルス出身の日系アメリカ人彫刻家、シンキチ・タジリ(1923〜2009)は、真珠湾攻撃をきっかけに始まった強制収容所での生活、前線での戦闘への参加、そして戦後はパリやオランダを拠点に活躍し、数多くの作品を残した。

 本展では、自身のトラウマ体験や社会政治的な不義といった要素が反映された2つの代表的な彫刻シリーズ、「ウォーリアー <戦士>」と「ノット <結び目>」を紹介する。

 「ウォーリアー <戦士>」は、武士や浪人など、様々な戦士という存在への作家の深い興味から制作されたシリーズ。戦国時代の甲冑や近代兵器、漫画などからの影響を受けつつ、強さ、暴力、あるいは、護りや脆弱さといった逆説的な要素の共存が暗示されている。タジリはこのシリーズについて、「戦争の恐怖から自分の身を洗い清めることの必要性を表現している」と語っている。

 また「ノット <結び目>」は、平和的な融和と現実の複雑さという矛盾をミニマルに表現したシリーズ。紙で作られた小型の繊細なレリーフ作品から、記念碑のような大型の野外彫刻作品まで様々な規模で制作され、オランダ各地やロサンゼルスといった世界各地で展示されてきた。

 タジリの日本での個展は、50年以上ぶり。流浪の歴史を経たタジリの作品が、ルーツである日本へ没後の凱旋を果たす。

シンキチ・タジリ Ronin 1996 ブロンズ 90×26× 26cm Photo by Egon Notermans. Courtesy of the Estate and Blum & Poe, Los Angeles/New York/Tokyo © 2017 Shinkichi Tajiri Estate / Artists Rights Society (ARS), New York / c/o Pictoright Amsterdam

information

シンキチ・タジリ

会期:2017年9月8日〜10月21日
会場:Blum & Poe 東京
住所:東京都渋谷区神宮前1-14-34 原宿神宮の森 5F
電話番号:03-3475-1631
開廊時間:11:00〜19:00
休廊日:日、月、祝

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

美術手帖の最新情報を
お届けします