×
NEWS / EXHIBITION - 2017.8.27

蜂蜜のように溶ける人体。興梠優護が個展「Hive」で見せる新たな具象表現とは

画家の興梠優護が、成山画廊で3回目となる個展「Hive」を開催。展示空間の壁面を絵画で埋め尽くすインスタレーションを展開する。会期は9月1日〜30日。

興梠優護 /73 キャンバスに油彩 45.5×33.3cm

 興梠優護(こうろぎ・ゆうご)は1982年熊本県生まれ。人体のモチーフを軸に、海、光、生命といった曖昧なもの、計り知れない無限なもの、物事の根源性を絵画化する試みを行っている。

 今回の個展では、油彩、水彩、デッサン、コラージュなど様々な技法で制作された大小の作品を、壁面全体を埋めるように展示。作品どうしが相乗的効果を生む空間を目指す。

 壁面を埋め尽くすインスタレーションが蜂の巣を想起させること、興梠が描く溶けたような人体の描写と蜂蜜のイメージの親和性から、ミツバチの巣箱を意味する「Hive」と題された本展。興梠による新たな具象表現のかたちが示される。

興梠優護 /75 キャンバスに油彩 72.7×50.0cm

information

興梠優護 「Hive」展

会期:2017年9月1日〜9月30日
会場:成山画廊
住所:東京都千代田区九段南2-2-8 松岡九段ビル205号室
電話番号:03-3264-4871
開廊時間:13:00〜19:00
休廊日:水、日、祝

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

美術手帖の最新情報を
お届けします