×
NEWS / EXHIBITION - 2017.8.25

「コンニチハ技術トシテノ美術」展で5人の作家が「技術」と「美術」の関係を問い直す

東北に注目する5人の作家が「技術」と「芸術」の関係を問う「コンニチハ技術トシテノ美術」が、せんだいメディアテークで開催される。会期は11月3日〜12月24日。

飯山由貴 海の観音さまに会いにいく 2014 撮影=宮澤響

 美術や映像を中心とする活動の拠点であると同時に、人々がさまざまなメディアを使用できる環境を提供する「せんだいメディアテーク」。同館で11月から開催されるのが「コンニチハ技術トシテノ美術」だ。

「コンニチハ技術トシテノ美術」メインビジュアル

 技術社会に生きる現代の人々は、便利な技術に囲まれながらも、原発事故をはじめとした技術が生む破綻を目の当たりにしてきた。本展では、そうした技術をとらえ直す一助としての芸術を検証する。

 参加作家は、拾得物などを用いた作品を制作する青野文昭、社会と個人のつながりを表現する飯山由貴、狩猟を主題として映像作品を制作する井上亜美、国内外の展示に積極的に参加する高嶺格、近年震災の影響で断念していた制作活動を再開した門馬美喜の計5名。

 語源を同じくする「技術」と「芸術」の関係を、震災後の東北に想いを馳せる5人の作家が問い直す。

青野文昭 なおす・延長・荒浜1996,3,10-5(無縁の復元) 1996 撮影=小岩勉
井上亜美 猟師の生活 2016

information

コンニチハ技術トシテノ美術

会期:2017年11月3日〜12月24日
会場:せんだいメディアテーク 6階ギャラリー4200
住所:仙台市青葉区春日町2-1
電話番号:022-713-3171
開館時間:11:00〜20:00
料金:一般 500円 / 高校生以下 無料

event

ギャラリートーク、てつがくカフェ ほか(詳細はサイトを確認)

関連記事

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

美術手帖の最新情報を
お届けします