×
NEWS / EXHIBITION - 2017.8.4

佐々木愛が描く風景と物語のあいだ。黒部市美術館で個展開催

記憶をもとに絵画を描き、独自の世界観をつくり出す佐々木愛が、黒部市美術館で個展を開催する。会期は9月16日〜12月17日。

帰る山 2013 キャンバスに油彩

 佐々木愛は1976年大阪府生まれ。2001年に金沢美術工芸大学美術学部デザイン科視覚デザイン専攻を卒業。10年にはポーラ美術振興財団在外研修生としてオーストラリアに派遣された。近年、国内では「あいちトリエンナーレ2016」に参加。ドローイングやスケッチ、油彩画、銅版画などの平面作品のほか、砂糖を用いた壁画作品を制作している。

 佐々木が関心を寄せるのは様々なメディアにおける場所や風景の記録と自分の記憶とのズレ。本展では、記憶をもとに描いた絵画作品と、立山黒部近隣を描いた新作を交えながら展示する。

information

佐々木愛展 ‐風景と物語のあいだに

会期:2017年9月16日〜12月17日
会場:黒部市美術館
住所:富山県黒部市堀切1035
電話番号:0765-52-5011
開館時間:9:30〜16:30(入館は16:00まで)
休館日:月(ただし9月18日、10月9日は開館)、9/19・20、10/10・11、11/24
料金:一般 500円 / 高校・大学生400円 / 中学生以下無料(障害者手帳をお持ちの方と付添1名無料)

event

オープニングツアー「大地が紡ぐ物語」

日時:9月16日 12:00〜16:00頃
集合:黒部市美術館
参加料:無料(軽食付き)
定員:20名(要予約)
ガイド:佐々木愛(作家)、川端典子(朝日町埋蔵文化財施設まいぶんKAN)、久保貴志(黒部市吉田科学館)
 
ワークショップ「記憶のスケッチ」
日時:11月5日 13:30〜16:00
集合:黒部市美術館
参加料:1000円
定員:10名(要予約)
対象:小学校中学年以上
講師:佐々木愛

 
連絡・申込み先:黒部市美術館 0765-52-5011

関連記事

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

美術手帖の最新情報を
お届けします