×
NEWS / EXHIBITION - 2017.7.21

日本の洋画の発展を支えた、フェリーチェ・ベアトの写真

DIC川村記念美術館にて「フェリーチェ・ベアトの写真 人物・風景と日本の洋画」が開催。日本の風景や風俗を撮影した写真約180点が展示される。会期は9月9日から12月3日まで。

フェリーチェ・ベアト 役人と従者 制作年不詳 アルビューメン・シルバー・プリント 18.0×15.5cm DIC川村記念美術館蔵

 フェリーチェ・ベアト(1834〜1909)は、幕末から明治にかけて横浜を拠点に、日本の風景や風俗を広く撮影した写真家。彼の確かな技術による写真の数々は、幕末の日本の光景を現在に伝えてくれる貴重な資料でもある。

 これらの写真は日本の洋画の発展において、重要な役割を果たしていた。洋画家たちは風景や構図を写真から学び、油彩画の芸術性を高めていった。9月9日から開催の「フェリーチェ・ベアトの写真 人物・風景と日本の洋画」では、幕末・明治に撮影された写真約180点と、同時期に日本で制作された洋画作品18点を紹介。ベアトの写真や、日本で生まれた洋画から、東西の文化の関わりを見つめなおす展示となっている。

information

フェリーチェ・ベアトの写真 人物・風景と日本の洋画

会期:9月9日〜12月3日
会場:DIC 川村記念美術館
住所:千葉県佐倉市坂戸631
電話番号:050-5541-8600(ハローダイヤル)
開館時間:9:30〜17:00  ※入館は16:30まで
休館日:月 ※祝日の場合は開館、翌平日休館
料金:一般 1300円 / 学生・65歳以上 1100円 / 小中学生・高校生 600円

関連記事

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

美術手帖の最新情報を
お届けします