×
NEWS / EXHIBITION - 2017.7.14

「作品のない展覧会」で見えるものとは? ボルタンスキーやティルマンス、森村泰昌らが参加

Take Ninagawaが2011年から開催している展覧会シリーズ「Optional Art Activity」の第4回が7月15日から開催される。今回は大舘奈津子をゲストキュレーターに迎え、アーティストの行為や言葉に焦点を当てた展示を行う。

 「Optional Art Activity」は、Take Ninagawaが「作品のない展覧会」をコンセプトに2011年から開催している展覧会シリーズ。これまで、トークイベントやディスカッション、パフォーマンスなど様々なかたちで、アートを多角的にとらえる試みが行われてきた。

 第4回となる今回は、大舘奈津子をゲストキュレーターに迎え、「Letters」というテーマのもと、アーティストたちの行為や言葉を媒介にその思考に迫る展示を行う。参加作家は、ウォルフガング・ティルマンス、ダニエル・ビュレン、クリスチャン・ボルタンスキー、小泉明郎、森村泰昌など9名。

 大舘は本展の開催に向けて、「表現することが生きることと同等であるアーティストの思考を共有できれば」と語っている。「作品のない展覧会」は、アーティストひとりひとりとじっくり向き合うことのできる貴重な機会となるだろう。

information

Optional Art Activity / Letters

会期:2017年7月15日〜7月29日
会場:Take Ninagawa
住所:東京都港区東麻布 2-12-4 信栄ビル1F
電話番号:03-5571-5844
開廊時間:11:00〜19:00
休廊日:日、月、祝
参加作家:笠原恵実子、小泉明郎、ウォルフガング・ティルマンス、ダニエル・ビュレン、藤井光、スタンリー・ブラウン、エリック・ボードレール、クリスチャン・ボルタンスキー、森村泰昌

event

オープニング・レセプション

日時:2017年7月15日 18:00〜20:00

関連記事

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

美術手帖の最新情報を
お届けします