×
NEWS / EXHIBITION - 2017.6.25

SmartNews×美術手帖
アートチャンネル開設記念 vol.4
動画で見る北アルプス国際芸術祭
(中編)

ニュースアプリ「SmartNews」がアートチャンネルを開設した。そのオープン記念として、いよいよシーズンを迎えた芸術祭・国際展を特集。今年は新たに始まるものから歴史あるものまで、多数のアートフェスティバルが開催されるなか、編集部オススメのものをピックアップ。今回は北アルプス国際芸術祭の動画レポート(中編)をお届けする。

フェリーチェ・ヴァリーニ 集落のための楕円

 6月4日に開幕した「北アルプス国際芸術祭」の様子を動画でお届け。今回は「動画で見る北アルプス国際芸術祭(前編)」の続編として、「東山エリア」「仁科三湖エリア」「市街地エリア」から注目作品を紹介する。

 ある1点から見ると、巨大な幾何学模様が平面のように現れる作品で知らるフェリーチェ・ヴァリーニは、「東山エリア」の3世帯しか生活していない集落に巨大な作品を設置。のどかな里山風景で黄色い線を見つけたら、あとは「ポイント」を探すだけ。集落を丸ごと巻き込んだ壮大なスケールに注目だ。また、同じエリアにはニコライ・ポリスキーによる巨大な竹のオブジェ《バンブーウェーブ》もお見逃しなく。

「仁科三湖エリア」では、木崎湖にいくつものカラフルなボートが浮かぶ。近づいてみると、ボートの正体は枯木や生活廃棄物によってできたもの。アルフレド&イザベル・アキリザンがこの作品に込めた「環境破壊」や「過疎化」に対するメッセージについて考えたい。

 また水路が縦横無尽に走る「市街地エリア」では、黒部ダムをモチーフにした栗林隆の作品も。ここではダム湖に見立てた足湯に入ることもできるので、芸術祭巡りのリフレッシュポイントとしてもチェックしたい。

information

北アルプス国際芸術祭
~信濃大町 食とアートの廻廊~

会期:2017年6月4日~7月30日 ※一部作品を除く
会場:長野県大町市内各所
電話番号:0261-23-5500(北アルプス国際芸術祭実行員会事務局)
休館:会期中無休 ※一部作品を除く
鑑賞パスポート:一般 2500円 / 高校生1500円 / 小・中学生 500円
アートサイト個別鑑賞券:300円
 
美術手帖7月号
『美術手帖』7月号では国内外の芸術祭・国際展を特集。ヨコハマトリエンナーレをはじめ、今年から新たに始まる「Reborn-Art Festival」「奥能登国際芸術祭」などのほか、「ヴェネチア・ビエンナーレ」「ドクメンタ14」「ミュンスター彫刻プロジェクト」も紹介。特別付録として「おすすめ芸術祭ガイドブック」付き。
編集:美術出版社編集部
出版社:美術出版社
判型:A5判
刊行:2017年6月17日
価格:1728円(税込)

関連記事

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

美術手帖の最新情報を
お届けします