×
NEWS / HEADLINE - 2017.6.22

アンジェイ・ワイダ監督の「遺言」。圧政と闘った画家描く遺作が公開

2016年に急逝した映画監督アンジェイ・ワイダの遺作『残像』。第二次世界大戦後の社会主義圧政下で、体制に抗い信念を貫いたポーランドの画家の生涯を描く。6月10日より、岩波ホールほか全国順次公開。

映画『残像』より

 2016年10月に急逝したポーランドの映画監督アンジェイ・ワイダ。ワルシャワ蜂起などの史実に材をとった作品を撮り続け、1981年には『鉄の男』でカンヌ国際映画祭パルムドール(最高賞)を受賞、2000年には米アカデミー賞名誉賞を受賞した。

 本作は、第二次世界大戦後、ソヴィエト連邦の支配下におかれたポーランドで、社会主義政権による圧制と闘い続けた実在の前衛画家ヴワディスワフ・ストゥシェミンスキの生涯を描くもの。ストゥシェミンスキは、カンディンスキーやシャガールなどとも交流を持ち、創作と美術教育に打ち込んだが、芸術を政治に利用しようとする政府に反発したため迫害を受け、芸術家としての名声も尊厳も失っていく。

 自身も対独レジスタンス運動に参加した経験を持ち、激動の時代に自らの信念を貫いた人々の物語を撮り続けたワイダ。全体主義に対するレジスタンスのシンボルとなった画家の姿を描いた本作は、まさしく「遺言」と呼べる作品となっている。

information

映画『残像』

公開:2017年6月10日 岩波ホールほかにて、全国順次ロードショー
監督:アンジェイ・ワイダ
出演:ボグスワフ・リンダ、ゾフィア・ヴィフワチほか
配給:アルバトロス・フィルム
Ⓒ 2016 Akson Studio Sp. z o.o, Telewizja Polska S.A, EC 1 – Łódz Miasto Kultury, Narodowy Instytut Audiowizualny, Festiwal Filmowy Camerimage- Fundacja Tumult All Rights Reserved.

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

美術手帖の最新情報を
お届けします