×
NEWS / EXHIBITION - 2017.6.26

原口典之が見せる現在形。新作を中心とした個展が名古屋で開催

国内外で活躍する作家、原口典之の個展「原口典之 新作展」が、名古屋のケンジタキギャラリーで開催される。会期は6月17日〜8月5日。

原口典之 エアーパイプ No. 12 2015 キャンバスに合板、アクリル Photo by Yoko Hida

 1946年に横須賀に生まれた原口典之は、70年に日本大学芸術学部美術学科を卒業。76年に「シドニービエンナーレ」に参加し、77年にドイツの「ドクメンタ6」で発表した、金属のプールを廃油で満たす《オイルプール》で国際的に鮮烈なデビュー。

 工業製品に使用される鉄やポリウレタンなどを用いた作品や、軍用機の形態を原寸大で再現した立体を制作し、物体そのものの在り様を提示してきた原口。

ケンジタキギャラリーでの原口典之「新作展」展示風景 2017 ©Noriyuki Haraguchi Courtesy of Kenji Taki Gallery

 近年では、2009年に横浜で、個展「原口典之展 社会と物質」(BankART Studio NYK)を開催し、12年にはニューヨークでの「TOKYO 1955-1970:新しい前衛」(ニューヨーク近代美術館)に参加するなど、国内外での活躍を見せている。

 新作と近作を中心に展示する本展で、日本を牽引する作家の現在を知ることができるだろう。

information

原口典之 新作展

会期:2017年6月17日〜8月5日
会場:ケンジタキギャラリー
住所:名古屋市中区栄3-20-25
電話番号:052-264-7747
開館時間:11:00〜13:00、14:00〜18:00
休廊日:日、月、祝

event

オープニングレセプション

日時:6月17日 18:00〜19:30(作家在廊)

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

美術手帖の最新情報を
お届けします