×
NEWS / HEADLINE - 2017.6.18

秋の京都で世界の舞台芸術にふれる。KYOTO EXPERIMENT 2017ラインナップ発表!

京都で毎年開催されている舞台芸術フェスティバル「KYOTO EXPERIMENT 京都国際舞台芸術祭」の今年のラインナップが発表された。ロームシアター京都をメイン会場に、演劇やダンスなどの舞台芸術のほか、関連プログラムも多数実施される。開催期間は10月14日〜11月5日。

スン・シャオシン 『Here Is the Message You Asked For... Don't Tell Anyone Else ;-)』 Photo by Chen Jingnian

 世界各地からアーティストを招き、先鋭的な舞台芸術を紹介してきた「KYOTO EXPERIMENT 京都国際舞台芸術祭」。2010年より毎年開催され、今回で8回目となる。

 「内なる他者との出会い」がテーマとなった今回のラインナップは、全12作品。今年3月に逝去した振付家でダンサーのトリシャ・ブラウンが率いたトリシャ・ブラウン・ダンスカンパニーが昨年に続き招かれるほか、ドイツの現代音楽家ハイナー・ゲッベルスの音楽劇『Black on White』の日本初演など、現代舞台芸術を代表するようなプログラムが並ぶ。

 また、KYOTO EXPERIMENTとしては初めて、中国と韓国のアーティストの作品も紹介。中国のスン・シャオシンはバーチャルな世界が徐々に現実を侵食していく現代社会を演劇で表現。韓国のパク・ミンヒは伝統的唱和法「ガゴク」を現代社会において再構築するパフォーマンスを行う。

 そのほか、ドイツを拠点に活動する田中奈緒子のインスタレーション・パフォーマンス「影の三部作」最終章や、金氏徹平が女優の青柳いづみらとコラボレーションするパフォーマンス『Tower(Theater)』、池田亮司が4人のパーカッション奏者の生演奏のために作曲した『music for percussion』の上演など、多彩なプログラムが展開される。

 さらに、公演以外のプログラムも充実。デザインチームUMA/design farmと建築ユニットdot architectsによるリサーチプロジェクト「researchlight」が京都の街の各所で作品を展開するほか、地元の小学生が審査員となって参加アーティストにオリジナルの賞を授与する「The Children’s Choice Awards」などが行われる。

information

KYOTO EXPERIMENT 京都国際舞台芸術祭 2017

会期:2017年10月14日〜11月5日
会場:ロームシアター京都、京都芸術センター、京都芸術劇場 春秋座、京都府立府民ホール “ アルティ”、京都府立文化芸術会館、ほか
電話番号:075-213-5839(KYOTO EXPERIMENT事務局 平日11:00〜19:00)
参加アーティスト:金氏徹平、スン・シャオシン、パク・ミンヒ、田中奈緒子、池田亮司×Eklekto、ハイナー・ゲッベルス×アンサンブル・モデルン、村川拓也、トリシャ・ブラウン・ダンスカンパニー、神里雄大/岡崎藝術座、マルセロ・エヴェリン、ダレル・ジョーンズ、researchlight
チケット発売日:先行販売 2017年7月28日 11:00〜7月31日 24:00(特典:手数料無料)
一般発売 2017年8月8日 11:00
※公演日時およびチケット情報の詳細は7月中旬に公式ウェブサイトにて発表予定

関連記事

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

美術手帖の最新情報を
お届けします