×
NEWS / EXHIBITION - 2017.5.25

フォンダシオン ルイ・ヴィトンが注目するアフリカの現代美術とは?

パリのフォンダシオン ルイ・ヴィトンでは、4月26日より「Art / Afrique, le nouvel atelier(アート / アフリカ ― 新たなアトリエ)」が開催されている。紹介される機会が少ないアフリカの現代美術とは?

クヅァナイ・チウライ Revelations V 2011 © Kudzanai Chiurai Courtesy de l’artiste et Goodman Gallery Cape Town and Johannesburg 

 2014年にパリにオープンしたフォンダシオン ルイ・ヴィトンはオラファー・エリアソンの個展や、ダニエル・ビュレンのインスタレーションのほかにも、まだあまり知られていない、最新のアートシーンに注目したグループ展も定期的に開催してきた。

 同館で4月26日から始まった「Art / Afrique, le nouvel atelier」 と題した展覧会では、サハラ以南から南アフリカに及ぶ、アフリカの国々のアーティストによる最新の作品を「The Insiders」「Being There」、そして「フォンダシオン ルイ・ヴィトン コレクションの中に見るアフリカ」という3つの視点でとらえ、紹介している。

ジョン・ゴバ Sea marble 1992 © John Goba
Courtesy CAAC – e Pigozzi Collection Photo © Maurice Aeschimann

 「The Insiders」では1989年から現代アフリカンアートを蒐集してきたイタリア人投資家、ジャン・ピゴッツィのコレクションから、フレデリック・ブリュリィ・ブアブレ、セニ・アワ・カマラ、カリクスト・ダクポガン、ジョン・ゴバといった15名の象徴的なアーティストによる、パリで初めて公開される作品が集結。

 この「The Insiders」を補完するものとして、「Being There」では南アフリカのアーティストに焦点を当てる。ジェーン・アレクサンダーや、ウィリアム・ケントリッジといった国際的に活躍するアーティストたちに加え、70年代生まれのニコラス・フロボやザネレ・ムホリ、80年代生まれのジョディ・ブランド、クヅァナイ・チウライといった約15名アーティストが名を連ねている。

 いまだ紹介される機会が多いとは言えないアフリカの現代美術。パリを訪れた際はぜひ立ち寄ってみたい。

ウィリアム・ケントリッジ Dessin pour Triumphs and Laments (Procession of Migrants) 2016 
©William Kentridge Courtesy de l’artiste et Marian Goodman Gallery, Paris et Goodman Gallery, Johannesburg.
Photo © Thys Dullaart

information

Art / Afrique, le nouvel atelier
アート / アフリカ ― 新たなアトリエ

会期:2017年4月26日〜8月28日
会場:フォンダシオン ルイ・ヴィトン
住所:8 Avenue du Mahatma Gandhi Bois de Boulogne, 75116 Paris
電話番号:+33-1-40-69-96-00
開館時間:12:00〜19:00(金〜21:00、土日11:00〜20:00)
休館:火
料金:一般 14ユーロ / 26歳以下 10ユーロ / 18歳以下 5ユーロ

関連記事

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

美術手帖の最新情報を
お届けします