×
NEWS / EXHIBITION - 2017.5.31

「マダム菊池」のコレクションに見る、現代陶芸の美

6月10日から「珠玉の現代陶芸 マダム菊池のコレクション」展が菊池寛実記念 智美術館にて開催。菊池智の審美眼によって集められた陶芸作品から約60点が展示される。

鈴木藏 志埜向付 流旅転生ノ内 刺身皿 1985

 「マダム菊池」こと菊池智(1923-2016)は、菊池寛実記念 智美術館の設立者であり、現代陶芸に情熱をそそぎ、その魅力を国内外に伝えた。

 父はエネルギー産業に従事した実業家の菊池寛実(1885-1967)で、智がやきものに出会ったのは、父が戦時中に経営していた炭鉱に訪れた時だった。そこに働きに来ていた瀬戸の陶工のためにつくられた登窯で、やきものがつくられる光景を目にし、やきものに魅せられた智は、1950年代後半から本格的に陶芸の蒐集を始め、自らその魅力を伝えるためにギャラリーの開設へ向かっていった。

富本憲吉 白磁八角共蓋飾壺 1932

 74年には現代陶芸のギャラリー「寛土里(かんどり)」をオープン。79年にはニューヨークの老舗百貨店「ブルーミングデールズ」に寛土里を出店したことがきっかけとなり、83年にはスミソニアン国立自然史博物館(アメリカ・ワシントン)とヴィクトリア&アルバート博物館(ロンドン・イギリス)で自身の現代陶芸コレクション約300点を展示し、成功を収めた。

 85年に展示施設「菊池ゲストハウス」を開設し、3つの展覧会を開催。この経験を経て、2003年に現代陶芸を継続的に鑑賞する場として「菊池寛実記念 智美術館」を開館した。

 「珠玉の現代陶芸 マダム菊池のコレクション」展では、富本憲吉や八木一夫をはじめ、日本の現代陶芸を語る上で欠かせない作家の作品を約60点展示し、菊池智が生涯愛し続けた陶芸の魅力に迫る。

information

「珠玉の現代陶芸 マダム菊池のコレクション」展

会期:2017年6月10日〜9月3日
会場:菊池寛実記念 智美術館
住所:東京都港区虎ノ門4-1-35 西久保ビル
電話番号:03-5733-5131
開館時間:11:00〜18:00 ※入館は閉館の30分前まで
休館日:月、7月18日
料金:一般 1000円 / 大学生 800円 / 小中高生 500円

event

ナイトミュージアム 軽井沢演劇部による朗読劇
「小川未明 幻想短編集」
日時:7月15日 18:30〜
会場:菊池寛実記念 智美術館 B1展示室
定員:60名
会費:4000円(観覧料含む。当日観覧券をお持ちの場合は3000円)
申込:6月13日より申し込み受付開始

関連記事

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

美術手帖の最新情報を
お届けします