×
NEWS / HEADLINE - 2017.1.14

これぞ最高峰! 東京都庭園美術館で見る「並河靖之七宝」の美

明治期を代表する七宝家として活躍した並河靖之の没後90年を記念する展覧会「並河靖之七宝展 明治七宝の誘惑―透明な黒の感性」が、東京都庭園美術館で2017年1月14日より開催される。13日に記者会見が行われ、同館樋田豊次郎館長と、同展を担当した大木香奈学芸員が、その見どころを語った。5年がかりで取り組んだ並河靖之七宝の魅力とは?

ヴィクトリア&アルバート博物館が所蔵する明治中期の《鳳凰草花図飾壺》(中央)と《草花図飾壺》(左右)

本展は、明治時代に輸出用工芸品として人気を博した七宝(※1)のなかでも、繊細な有線七宝(※2)でその頂点を極めた並河靖之の、初期から晩年までをたどる初の大回顧展。会場はハイライト展示の本館1階と、年代順にたどる本館2階〜新館で構成され、資料を含めると総出品点数は130点におよぶ。

一見、「超絶技巧」という言葉で表されがちな並河靖之の七宝だが、樋田館長は、昨今の明治工芸に対する国内の盛り上がりを踏まえ、次のように話す。「確かに並河は超絶技巧だけれども、この人の場合は技術を見せたいとか、日本を西洋に売り込みたい、という意図で技術を見せているわけではない。並河にとっては、美しさそのものが重要だった」と、「超絶技巧」の一語では片付けられない作家だという認識を示した。

緑が鮮やかな《桜蝶図平皿》(明治中期)は裏面も細かな金線が施されている

明治期の七宝は、9割が海外輸出用であり、その多くが日本には残っておらず、忘れられていた存在だった。それが近年の海外での再評価をうけ、今また高い注目を集めている。5年前から本展の企画を進めてきた大木学芸員は並河作品の魅力について「そのフォルムや、かたちに沿うように配された模様、黒色の地など、すべてが混ざりあって生じる美しさ。それは並河の感性の賜物」と語る。

そんな並河作品を語る上で欠かせないのが、透明な黒色の釉薬、「黒色透明釉薬」だ。並河以前、明治の初めまでは、濁りのある不透明な釉薬が一般的だった。しかし、並河は研究を重ね、透明釉薬をはじめとする、様々な釉薬を開発。これによって微妙な表現が可能になり、色彩豊かな花鳥を引き立てることもできるようになったという。本展ではそんな黒色透明釉薬を使った色彩豊かな作品を数多く楽しむことができる。

本館に展示された《四季花鳥図花瓶》(明治中期)は黒色透明釉薬の上に四季折々の花鳥が配されている。なかでも紅葉の葉の細かな配色の差に注目してほしい
今回、本作と合致する下図により並河靖之の作品であることが判明した《菊紋付蝶松唐草模様花瓶》(一対、明治中期)

また、本展で注目したいのは、並河靖之の美意識だ。鮮やかな花鳥風月はもちろん、晩年には水墨画のようにぼかしを用いた表現で、香炉などに幽玄の世界を現出させている。「模様」から「絵画」へ──経験を積むにしたがい、そのモチーフが進化していく様をたどることができるのも本展の見どころだろう。会場では、作品とともに下絵画工・中原哲泉(てっせん)の下絵もあわせて展示され、並河のイメージがどのように具現化されたのかが、立体的に提示されている。

淡い色彩に金の植線で山水画が描かれた並河靖之晩年の《楼閣山水図香炉》(大正元年)

なお、本展では三の丸尚蔵館や東京国立博物館などの国内施設だけでなく、イギリスのヴィクトリア&アルバート博物館からの作品も展示。研究が進む現在でも技術的に不明な点が多く、「ロストテクノロジー」とも言える並河靖之の七宝。その美の極致を楽しんでもらいたい。

新館ギャラリーの展示風景

※1 七宝=金属工芸技法のひとつ。金や銀、銅や青銅などの素地の上に、釉薬をおいて焼き、溶けた釉薬によるガラスのような質感の色彩を施すもの
※2 有線七宝=明治期の七宝のひとつ。素地の上に銀を細いテープ状にしたものを立てて輪郭を描き、そのなかに釉薬を流し込んで焼成するもの

information

会期:2017年1月14日~4月9日
会場:東京都庭園美術館(本館・新館)
住所:東京都港区白金台5-21-9
電話番号:03-5777-8600
開館時間:10:00~18:00(入館は閉館の30分前まで)
休館日:第2・4水曜日
入館料:一般 1100円 / 大学生 880円 / 中・高学生 550円
URL:http://www.teien-art-museum.ne.jp/
 
【関連イベント】
・講演会「ヴィクトリア&アルバート博物館における日本の明治七宝コレクション」
日時:2017年1月14日 14:00〜15:30
会場:新館ギャラリー2
定員:100名
講師:グレゴリー・アーヴィン(ヴィクトリア&アルバート博物館シニアキュレーター)
※入館者対象、無料、事前申込不要
・ワークショップ「身につける七宝づくり」
日時:2017年2月25日
講師:近藤健一(七宝作家)
※事前申込制、有料
※詳細は後日HPを参照
・トークイベント「透明な黒の感性―”並河靖之”の美」
日時;2017年3月開催予定
会場:新館ギャラリー2
定員:100名
登壇者:樋田豊次郎(同館館長)、大木香奈(本展担当学芸員)他
司会:八巻香澄(同館学芸員)
※入館者対象、無料、事前申込不要
※詳細は後日HPを参照

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

美術手帖の最新情報を
お届けします