×
NEWS / EXHIBITION - 2017.5.7

挑戦を続けた彫刻家。
ジャコメッティの大回顧展開催!

アルベルト・ジャコメッティ(1901〜1966)の大回顧展が、国立新美術館で開催。会期は2017年6月14日~9月4日。初期から晩年までの、あらゆる時代の作品が一堂に会する。

アルベルト・ジャコメッティ 林間の空地、広場、9人の人物 1950 ブロンズ 65x52x60cm
マルグリット&エメ・マーグ財団美術館、サン=ポール・ド・ヴァンス Archives Fondation Maeght, Saint-Paul de Vence (France)

 画家である父の影響からか、10代の初め頃から油絵や彫刻を制作していたアルベルト・ジャコメッティ。現在では、20世紀を代表する偉大な彫刻家の一人に数えられる。日本でのジャコメッティ展としては11年ぶりとなる本展は、3大ジャコメッティ・コレクションの一つであるマルグリット&エメ・マーグ財団美術館の大きな協力を得て開催される。

アルベルト・ジャコメッティ 鼻 1947 ブロンズ、針金、ロープ、鉄 大阪新美術館建設準備室

 本展では、シュルレアリスムなどに影響を受けた第二次世界大戦前の歩みから、わずか数センチの小さな作品、そして細長く引き伸ばされた人物像まで、それぞれの活動時期を代表する作品がそろえられている。

 ジャコメッティは、日本人哲学者の矢内原伊作(1918〜1989)をモデルとしたこともあり、本展では、そうしたモデルとの関係やアトリエの様子を伝える素描、記録写真も展示される。

アルベルト・ジャコメッティ 犬、猫、絵画 1954 ヴェランダルシュ紙、リトグラフ マルグリット&エメ・マーグ財団美術館、サン=ポール・ド・ヴァンス Photo Claude Germain –Archives Fondation Maeght, Saint-Paul de Vence (France)

 また、大きな見どころの一つとして、チェース・マンハッタン銀行の依頼で制作した大作《歩く男Ⅰ》《女性立像Ⅱ》《大きな頭部》の3作が登場する。これらは銀行の広場に展示することはかなわなかったが、最晩年になっても挑戦を続けたジャコメッティの姿を垣間見ることができる。

 総展示数、彫刻約50点、絵画約5点、素描と版画約80点。国内外から集められた、選りすぐりの作品が出品される。

information

国立新美術館開館10周年
ジャコメッティ展

会期:2017年6月14日~9月4日
会場:国立新美術館 企画展示室1E
住所:東京都港区六本木7-22-2
電話番号:03-5777-8600
開館時間:10:00〜18:00 (金土〜20:00) ※入場は閉館の30分前まで
料金:一般 1600円 /大学生 1200円/高校生 800円/中学生以下 無料
休館日:火

関連記事

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

美術手帖の最新情報を
お届けします