×
NEWS / HEADLINE - 2016.9.3

ヌードで見せる原美術館のエロチシズム 篠山紀信「快楽の館」 

篠山紀信によるすべて新作の撮り下ろしで構成された篠山紀信展「快楽の館」が原美術館で9月3日より開催される。篠山と原美術館館長の原俊夫との対話がきっかけで開催へと至った本展。篠山本人が美術館の建物に魅了され、「この場所でヌードを撮りたい」という希望から作品の撮影場所と展示場所が同じという珍しい展覧会が実現した。

篠山紀信と本展でモデルを務めた檀蜜

篠山紀信 快楽の館 2016 © Kishin Shinoyama 2016

33名のモデルを写した76点の作品が並ぶ本展は、すべてがヌード写真。なぜヌードなのか?その問いに対して篠山はこう答える。

「僕の考えをいちばん直接的に表現できるのはヌード。一糸纏わぬ姿がピタリとくる。ヌードは皆見たい。写真が発明された時からヌードは撮られていた。欲望を満たす一つの表現です。今回の作品は建物が持つエロチシズムをヌードを使って表現したと思ってもらえれば」。

展示室や階段には、その場所で撮影された作品が掲げられ、あたかも「過去」と「現在」が交錯するような感覚を見るものに抱かせる。それは原美術館の特徴である常設作品ですら例外ではない。1階の森村泰昌や2階の宮島達男、奈良美智、須田悦弘、そして3階のジャン・ピエール・レイノーなど5つの作品が各作家の許可のもと、ヌードモデルとコラボレーションしている。

また本展では篠山紀信が80年代に考案した独自の技法「シノラマ」(シノヤマとパノラマを合わせた造語)による巨大作品も発表され、動きの速いポールダンスを3台のカメラで同時に撮影するといった試みもなされた。

「美術館では作品がうやうやしく壁に掲げられて『ありがたく鑑賞しろよ』という感じが気に入らなかった。だから美術館は『写真の死体置き場だ』と思っていた」という篠山。今回、撮った場所で作品を展示するという方法を採用したことで、どのような心境の変化があったのか。「写真は印刷メディアやネットやスマートフォンなど、いろいろなところで見られるが、美術館は写真にとっての新しいメディアなんじゃないかと思い始めた。それは額に入れた観賞用の写真ではだめで、僕のように空間と対峙しながら新しいイメージを湧き起こすような写真ならば絶対に美術館でやるべきと思ったんです」。

場所と作品が一体になった本展。ヌードを通した原美術館と篠山紀信の対話を楽しんでほしい。

記者の質問に答える篠山紀信

information

会期:2016年9月3日~1月9日
会場:原美術館
住所:東京都品川区北品川4-7-25
電話番号:03-3445-0651(代表)
開館時間:11:00~17:00
休館日:月休(9月19日、10月10日、1月9日は開館)、9月20日、10月11日、年末年始(12月26日〜1月4日)
入館料:一般 1100円 / 大高生 700円
URL:http://www.haramuseum.or.jp/generalTop.html

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

美術手帖の最新情報を
お届けします