×
NEWS / EXHIBITION - 2017.4.1

「架空の歴史」をつむぐ肖像画
現役藝大生・太田剛気の初個展

架空の国家の歴史をテキストと絵画で表現する、東京藝術大学2年生の太田剛気の初個展が、ゲンロン カオス*ラウンジ五反田アトリエで開催されている。会期は4月9日まで。

太田剛気 四峰隆満(585〜660) 2017 キャンバスに油彩

 アニメ絵風のフラットな塗りで描かれた中年男性の肖像画。そこに描かれているのは、作者の想像によってつくりだされた架空の国の政治家たちだ。

 作者の太田剛気は、1991年東京生まれ。現在、東京藝術大学絵画科油画専攻の2年生で、今回が初の個展となる。中学時代から、趣味として架空の国家の政治史を文字で書き続け、時折そのなかの重要人物を「キャラクター」として描いてきた。
 
 本展では、近現代の日本をモデルとした架空の国家「皇州」の歴代内閣のひとつ、「四峰隆満内閣」に関するテキスト及び絵画を「資料」として展示する。10年以上にわたってつくり続けられてきた「資料」の量はすでに膨大だが、今回の展示は「皇州の歴史」という壮大な創作物を構成するスタート地点に過ぎないという。

information

太田剛気 個展
「四峰隆満内閣展」

会期:2017年3月31日〜4月9日
会場:ゲンロン カオス*ラウンジ五反田アトリエ
住所:東京都品川区東五反田3-17-4 糟谷ビル2F
電話番号:03-5422-7085
営業時間:15:00〜20:00
定休日:月
 

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

美術手帖の最新情報を
お届けします