×
NEWS / EXHIBITION - 2017.4.7

ルーベンス、レンブラント、ベラスケスが一堂に! 山梨県立美術館でバロック絵画展

山梨県立美術館にて4月15日より、「バロックの巨匠たち ルーベンス、レンブラント、ベラスケスと栄光の時代」展が開催。バロック美術の多様な作品を、地域ごとにわけて一挙に紹介する。

アンソニー・ヴァン・ダイク エジプトへの逃避途上の休息(部分) ヨハネ・パウロ2世美術館蔵 © Museum John Paul Ⅱ Collection

 16世紀末頃〜18世紀初頭のヨーロッパを舞台に興隆したバロック美術。写実的な描写と劇的な明暗法によるドラマチックな表現が特徴とされるが、イタリアからヨーロッパ各地に伝播するうちに、その地域の宗教や社会情勢の影響を受け、独自性を帯びて発展してきた。

 本展では、バロック美術が生まれたイタリア、レンブラントらが活躍したオランダ、カトリック美術の壮麗な様式で知られるフランドル、この頃美術の黄金時代を迎えていたスペインなど、地域ごとのセクションに分けてバロック様式の作品を紹介。ルーベンスやヴァン・ダイク、レンブラント、ベラスケス、ブリューゲル(子)ら、西洋美術を代表する巨匠たちの作品が集合する。

 ほかに、フランスやドイツの画家の作品も展示。バロック様式をキーワードに、幅広い地域で活動した数多くの画家たちによる神話画、歴史画、肖像画、静物画などが一堂に会し、バリエーション豊かな西洋絵画を見ることができる。

information

バロックの巨匠たち ルーベンス、レンブラント、ベラスケスと栄光の時代

会期:2017年4月15日~6月11日
会場:山梨県立美術館 特別展示室
住所:山梨県甲府市貢川1-4-7
開館時間:9:00~17:00(入館は16:30まで)
休館日:月(5月1日は開館)
入場料:一般 1000円 / 大学生 500円

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

美術手帖の最新情報を
お届けします