×
NEWS / HEADLINE - 2017.2.15

人間の知覚を超越した世界を表現、川辺ナホの新作個展が開催

メディア横断的な作品を制作する川辺ナホの新作個展「The Children of Icarus」が、WAITINGROOM(東京・恵比寿)で2017年3月11日〜4月9日に開催される。

川辺ナホ Solaris 2017 C-プリント 30x45cm

 1976年福岡県生まれの川辺ナホは、2006年にドイツのハンブルク美術大学を修了し、現在はドイツと日本を拠点に活動。これまでマテリアルの変換をテーマにした映像作品や、複数のオブジェを組み合わせたインスタレーションなど、メディアを横断した作品を手がけてきた。

 近年では、16年の個展「delikatelinien」(ERMEKEILKASERNE、ドイツ・ボン)、15年のグループ展「Sudden Change of Idea」(Union Art Museum、中国・武漢)、14年の「想像しなおし」(福岡市美術館)など、国内外で作品を発表している。

 本展は、現代社会における原子力エネルギーや放射能物質を取り巻く問題を起点に、人間が知覚できる範囲を超越した時間をテーマにした新作で構成。光と影によるインスタレーション作品や木炭を使った平面作品、ペーパーカットによる半立体作品を展示する。

information

会期:2017年3月11日~4月9日
会場:WAITINGROOM
住所:東京都渋谷区恵比寿西2-8-11渋谷百貨ビル3階4B
電話番号:03-3476-1010
開館時間:月 17:00~23:00、木・金・土 12:00~19:00、日 12:00~18:00
休館日:火水祝
URL:http://www.waitingroom.jp/
 
【関連イベント】
オープニングレセプション
日時:2017年3月10日 18:00〜21:00

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

美術手帖の最新情報を
お届けします