×
NEWS / EXHIBITION - 2018.3.20

過去最大、総勢172組が参加。
ジャンルの垣根を超えた
アートフェスティバル「SICF19」が今年も開催

東京・青山のスパイラルで、若手クリエーターの発掘・育成・支援を目的としたゴールデンウィーク恒例のアートフェスティバル「SICF19」(第19回スパイラル・インディペンデント・クリエーターズ・フェスティバル)が4月29日から5月6日に開催される。公募によって選出された気鋭の若手クリエーターたちが一堂に会し、既存のジャンルにとらわれない作品を発表する。

SICF18会場風景「EXHIBITION」 撮影:市川勝弘

 東京・青山のスパイラルで、ゴールデンウィーク恒例のアートフェスティバル「SICF19」(第19回スパイラル・インディペンデント・クリエーターズ・フェスティバル)が4月29日から5月6日に開催される。

SICF19メインビジュアル

 SICFは若手クリエーターの発掘・育成・支援を目的としたもの。公募によって選出された気鋭の若手クリエーターが一堂に会し、立体・インスタレーション、メディアアート、写真、絵画、ファッション、プロダクトデザイン、パフォーマンスやそれら既存のジャンルに捉われない作品を発表、活発なプレゼンテーションを展開する。

「SICF19 PLAY」Ⅰ日程参加 守屋友樹と和田ながら 石|溶けちゃってテレポート、固まってディレイ 2016年 京都・アトリエ劇研公演 photo: Yuki Moriya

 会期の最後には審査員により、優秀作品にグランプリ、準グランプリ、各審査員賞が、来場者の投票により、オーディエンス賞がそれぞれ授与。グランプリ受賞者には顕彰として、スパイラルでの個展開催(作品展開)の機会が与えられる。審査員を務めるのは、画家・映像作家の石田尚志や建築家の平田晃久、美術家の山城大督、東京都現代美術館学芸員の藪前知子ら。

 19回目を迎える今回は、従来のブース出展形式である「EXHIBITION」と、新たに部門化したパフォーマンスプログラム「PLAY」の2部門を展開、過去最大数となる総勢172組のクリエーターが集結する。

 さらに、前年の受賞者が作品発表を行なう「SICF18 Winners Exhibition」「SICF18 Winners Performance」を同時開催するなど、スパイラル全体が若手クリエーターの作品で埋め尽くされる。

「SICF19 EXHIBITION」B日程参加 あめ子雨の子 群生した山(参考作品) 2018年

 なお、「EXHIBITION」はA日程(4月29日〜30日)、B日程(5月3日〜4日)、C日程(5月5日〜6日)の3日程に分けられており、それぞれ展示替えが行われる。また、「PLAY」はⅠ日程(4月30日)、Ⅱ日程(5月4日)の2日実施。

 前年は延べ約13000人が来場したというゴールデンウィーク恒例のアートイベント。今年も要注目だ。

information

SICF19 | SPIRAL INDEPENDENT CREATORS FESTIVAL 19

会期:2018年4月29日〜5月6日
会場:スパイラルホール(スパイラル3F)、スパイラルガーデン(スパイラル1F)
住所:東京都港区南青山5-6-23
電話番号:03-3498-5605
開館時間:11:00〜19:00(「PLAY」は14:00〜17:30)
休館日:5月1日〜2日
料金:一般 1日券 700円、通し券(A・B・C日程) 1200円
※学生はSICF公式Facebook、twitterに「いいね!」「フォロー」で無料(要学生証)
※中学生以下無料

関連記事

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

美術手帖の最新情報を
お届けします