×
NEWS / EXHIBITION - 2018.2.12

ゆかりの風景からたどる、アーツ・アンド・クラフツ運動の主導者ウィリアム・モリスの軌跡

19世紀イギリスのデザイナー・詩人、ウィリアム・モリスの展覧会が豊橋市美術博物館で開催される。モリスやその仲間によるデザインとともに、写真家・織作峰子によるゆかりの地をとらえた写真作品を展示する。会期は2018年2月17日〜3月25日。

織作峰子 ホワイト・ルーム(Kelmscott Manor) 写真 photo©MIneko Orisaku ©Brain Trust Inc.

 ウィリアム・モリス(1834〜1896)は19世紀イギリスを代表するデザイナー・詩人。思想家ジョン・ラスキンの影響を受け、産業革命によってもたらされた芸術の機械化、量産化に反発し、ロセッティ、バーン=ジョーンズらとともに「生活と芸術の一致」を唱え、アーツ・アンド・クラフツ運動を進めた。

デザイン=ウィリアム・モリス 内装用ファブリック《いちご泥棒》 1883 木版、色刷り、インディゴ抜染、木綿 photo©Brain Trust Inc.

 本展では、モリスやその仲間たちのデザインによる家具、テキスタイル、書籍など約100点を紹介。さらに、世界を旅する写真家・織作峰子がとらえたモリスゆかりの地をあわせて展示し、モリスの原風景とともに、その思想や創作の変遷をたどる。

ウィリアム・モリス 『ユートピアだより』 1892 大阪芸術大学図書館蔵

information

ウィリアム・モリス
原風景でたどるデザインの軌跡

会期:2018年2月17日〜3月25日
会場:豊橋市美術博物館
住所:愛知県豊橋市今橋町3-1(豊橋公園内)
電話番号:0532-51-2882
開館時間:9:00〜17:00
料金:一般・大学生 1000円 / 小中高生 400円
休館日:月

event

記念講演会「モリスの活動と彼を巡る人々」
日時:2018年2月25日 14:00〜
講師:高橋秀治(岐阜県現代陶芸美術館館長)
会場:講義室
※聴講無料
 
ワークショップ「初めての活版印刷」
日時:2018年3月3日 ①10:00〜 ②13:00〜 ③15:00〜
講師:大杉晃弘(編集者、活版印刷工)
会場:講義室
参加費:500円
対象:①②小学生、③中学生 各回6名
※電話による事前申込が必要(先着順)
 
学芸員によるギャラリートーク
日時:2018年3月4日、17日 14:00〜
会場:展示室
※要本展観覧券

関連記事

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

美術手帖の最新情報を
お届けします