メラニア・トランプのNFTから今年オークションで落札された高額作品のトップ10まで:いま知るべきアートマーケットニュース

12月18日〜24日に世界の主要メディアで取り上げられた、アートマーケットに関するニュースをまとめてお届けする。

マルク・アントワーヌ・クーロン Melania's Vision

メラニア・トランプがNFTプラットフォームを立ち上げ

 元アメリカ合衆国のファーストレディであるメラニア・トランプが、独自のNFTプラットフォームを立ち上げることを発表した。ローンチとともに、フランス人アーティストのマルク・アントワーヌ・クーロンが描いたメラニアの目の水彩画《Melania's Vision》が発売され、同作には、メラニアが「私のビジョンは、インスピレーション、強さ、勇気を持って前を向くこと」と語る音声メッセージも付属している。作品は、12月31日までの期間限定エディションの形式で販売されており、ひとつのエディションの価格は1「ソラナ」(約189ドル)。販売益の一部は、児童養護施設を退所した子供たちにコンピューターサイエンスを教えるための慈善団体に寄付されるという。(ARTnews

今年NFTの取引総額は220億ドル