クリスティーズの日本美術セールから約2500万ドルの売上を記録したダミアン・ハーストのNFTプロジェクトまで:いま知るべきアートマーケットニュース

8月21日〜27日に世界の主要メディアで取り上げられた、アートマーケットに関するニュースをまとめてお届けする。

葛飾北斎 山下白雨 1831 予想落札価格:30万ドル〜35万ドル

クリスティーズが「アジア・アート・ウィーク」セールを開催へ

 9月17日〜29日、クリスティーズ・ニューヨークが「アジア・アート・ウィーク」を開催。中国の古銅器から日本美術、インド・パキスタンの近代絵画まで、アジアのあらゆる時代とカテゴリーを網羅し、5000年にわたる芸術のなかから1000点以上の作品を6つのオークションで紹介する。21日に行われる日本美術のセールには、東洲斎写楽や歌川広重、葛飾北斎などによる浮世絵の版画作品や、柴田是真の漆画や漆作品、香川勝廣の金属作品など270点におよぶ作品が出品される。加えて、喜多川歌麿や北斎、広重などによる木版画を集めたオンラインセールも19日〜29日の期間中に開催される。(プレスリリース)

ペース創設者の写真作品が250ドルで販売