週刊「世界のアートマーケット」:松山智一の記録更新からサザビーズと「バーニング・マン」のコラボまで

5月29日〜6月4日に世界の主要メディアで取り上げられた、アートマーケットに関するニュースをまとめてお届けする。

松山智一 Happy Zodiac 2011 出典=クリスティーズのウェブサイトより

松山智一作品の価格が今年のオークションにおいて4倍以上急騰

 5月25日にクリスティーズ香港で開催されたデイセールで、松山智一のトリプティク作品《Happy Zodiac》(2011)が最高予想落札価格の6倍以上となる325万香港ドル(約4600万円)で落札され、松山のオークションにおける過去最高額を記録した。今年に入って、オークション市場において松山に対する注目が急遽に高まっている。過去5ヶ月にはそのオークション記録が3回更新され、今回の数字は、4月に東京のSBIオークションにて1069万円で落札された作品《Me, Myself and I》(2013)の4倍以上となっている。松山が注目されている理由は、昨年から今年にかけて中国・上海と重慶の龍美術館での個展や、ロサンゼルス・カウンティ美術館が今年2月に大作を購入したことに触発されたからだと考えられている。またArtsyでは、今年現時点での松山の作品に対する問い合わせ数は、すでに昨年の合計数を上回っているという。(Artsy