• HOME
  • MAGAZINE
  • INSIGHT
  • 知られざる特典も?美術館「友の会」の会員特典をチェック【西…
INSIGHT - 2018.10.24

知られざる特典も?美術館「友の会」の会員特典をチェック【西日本編】

美術館の活動をサポートし、展覧会の割引などの様々な優待を受けられる「友の会(メンバーシップ制度)」。そのなかから、編集部注目のサービスを実施する美術館を2回にわけてピックアップ。リピーターにはたまらない特典から、知られざる特典まで紹介する。第2弾は西日本編。

和歌山県立近代美術館

和歌山県立近代美術館

京都市美術館

京都市美術館

 日本画や油彩画、彫刻から工芸まで近・現代美術を中心にコレクションしている京都市美術館。現在2019年度中のリニューアルオープンに向けた再整備事業のため本館が閉館しているが、別館は各美術団体の展覧会を中心に開催している。 

 そんな京都市美術館の友の会は、芸術文化の普及と向上のために1957年に設立され、60年以上の歴史がある。京都市美術館はもちろんのこと、京都国立博物館や京都国立近代美術館をはじめとする、様々な京都の文化施設における入場料の優待が受けられる。

 また、館長が西洋美術などをわかりやすく解説する会員限定の講演会への参加や関西近郊の美術館などを訪れる日帰りバス見学会のほか、京都近郊の作家のアトリエも見学することができ、美術を身近に楽しめる充実した内容だ。

丨京都市美術館

年会費:個人会員 4500円 / シニア会員 4000円 / 学生会員 2500円 / 特別会員 12000円
主な特典:日展京都展の無料入場、関西近郊の美術館等を訪れる日帰りバス見学会ほか(詳細はウェブサイト参照)
住所:京都市左京区岡崎円勝寺町124(岡崎公園内)
電話番号:075-771-4107
開館時間:9:00〜17:00(入館は16:30まで)
休館日:月

 

和歌山県立近代美術館

和歌山県立近代美術館

 近・現代版画の収集や紹介に力を入れ、郷土作家を中心に、国内でも屈指のコレクションを充実させてきたいっぽうで、ピカソやルドンなどの海外の版画作品も所蔵する和歌山県立近代美術館。明治時代から現代までの日本画、油彩画、彫刻、版画などの1万点を越すコレクションを有している。

 そんな和歌山県立近代美術館友の会ならではの特典が、版画のプレゼントだ。版画作品の作家は毎年変わり、過去には古本有理恵や舟田潤子などの作品も。

 そのほか、美術鑑賞ツアーやミュージアムコンサート、バックヤードツアーなどの友の会主催行事への参加や、和歌山県の一部ホテルの割引など盛りだくさんな内容。日本の近代美術史に名を残した作家を多く輩出した和歌山県で、その知られざる魅力をチェックしたい。

丨和歌山県立近代美術館

年会費:一般会員 6000円 / 学生会員 3000円 / 賛助会員 30000円
主な特典:展覧会の入場無料、友の会の主催行事に参加ほか(詳細はウェブサイト参照)
住所:和歌山県和歌山市吹上1-4-14
電話番号:073-436-8690
開館時間:9:30〜17:00(入館は16:30まで)
休館日:月

那覇市立壺屋焼物博物館

陶芸体験教室の様子

 陶器工房や販売店が点在する街並みの一角にある那覇市立壺屋焼物博物館は、壺屋焼をはじめとする沖縄の焼物の歴史や現在、そして将来を読みとる目的でつくられた。

 壺屋焼物博物館友の会では「壺屋」と「沖縄の焼物」の素晴らしさに触れ、壺屋地域発展への貢献をめざして、地域のイベントなどに参加。主催事業には、工房・史跡めぐりや体験教室などがある。

 長い歴史を持つ人類の文化遺産である焼物。そのルーツを探ることで、まち並みの発展につなげようとする試みに注目したい。

丨那覇市立壺屋焼物博物館

年会費:普通会員 1500円 / 賛助会員 一口10000円
おもな特典:観覧料無料、友の会主催事業の優先参加ほか(詳細はウェブサイト参照)
住所:沖縄県那覇市壺屋1-9-32
電話番号:098-862-3761
開館時間:10:00〜18:00(入館は17:30まで)
休館日:月(祝日を除く)