EXHIBITIONS

没後35年 鴨居玲展─静止した刻─

2020.07.31 - 08.30

鴨居玲 静止した刻 1968 石川県立美術館蔵

鴨居玲 おばあさん(B) 1973 石川県立美術館蔵

鴨居玲 1982年 私 1982 石川県立美術館蔵

鴨居玲 酔って候 1984 石川県立美術館蔵

 今年、没後35年を迎えた洋画家・鴨居玲の回顧展。つねに「人間とは何か」を問い、自らの内面をえぐるように見つめ続けた画業の軌跡をたどる。

 鴨居は、新聞記者である父が金沢に赴任してきた1928(昭和3)年、金沢に生を受けた。その後を京城(ソウル)、関西と転居し金沢に帰郷。金沢美術工芸専門学校(現・金沢美術工芸大学)の1期生として卒業するまで青春時代を、同地で暮らした。85(昭和60)年に57歳で急逝。その後、追悼個展や回顧展が全国各地で開かれており、没後も人々に愛されて新たなファンを獲得し続けている。

 5年ごとに開催されてきた回顧展の7回目となる本展では、鴨居の画業を3期とする、これまでの考えを踏襲し構成する。

 1章「模索~煩悶する若き画家~」では、美専卒業から41歳での安井賞受賞に至る画家の苦悩を中心に紹介。2章「画風の確立~充実の日々~」では、受賞後スペインに渡り、鴨居が「わたしの村」と呼んだバルデペーニャスの人々を題材に、自らの画風を確立していく充実の作品群を展示する。

 そして3章「終焉への道~再びの煩悶~」では、帰国後さらなる芸術の高みを目指し、裸婦・女性像という新たな題材への取り組みから、最大の自画像《1982年 私》(同館蔵)の制作に至る過程と、苦悩の末に終焉を迎えるまでを振り返る。

※当初予定していた開会式や講演会をはじめとするすべての関連イベントは、新型コロナウイルス感染症の感染拡大防止のため中止。入館に当たっての注意事項および最新情報は公式ウェブサイトまで。