EXHIBITIONS

古川流雄 個展「Awakening Ⅱ 1981-2022」

BDギャラリー
2022.07.08 - 08.09

古川流雄 あした(あさ)の雲 2014

古川流雄 色彩のドローイング 1985

古川流雄 肉の苦しみ 1993

古川流雄 驟雨 2022

 千葉県出身の作家・古川流雄の個展「Awakening Ⅱ 1981-2022」が、名古屋のBDギャラリーで開催されている。8月9日まで。

 古川は1955年生まれ。1980年東京藝術大学美術学部油画科を卒業、82年に同大学大学院美術研究科を修了した。これまで東京や神奈川などで個展を開催、グループ展への参加多数。本展では、81年に制作された平面から、新作の樹脂立体作品までを展示している。

 作家は今回の個展について、「旧作と新作を同時に見ていただくことでモノとして存在する視覚表現における実体としての物理的存立条件、メディウム、色彩のあらわれなどにおいて旧作新作それぞれが多様に関連していることが理解していただけると思う」とコメント。旧作から新作に至る変容の過程を見ることに加えて、新作が旧作を見る視点に影響を与えて蘇らせることで、作品理解全体を深めることを意図した展示だという。

 また、1985年、1998年、2022年に制作してきたドローイング、紙作品も同時に展示。素材の違いによる表現の違いにも注目してほしい。